最近の人形町のマンション購入に見られる傾向

東京都中央区に人形町という街があります。名前からして古いイメージがあるかと思いますが、現在でも商店街栄えている場所になります。古くからのお店も多くあります。わざわざ遠くからここのお店に来る人も多くいるでしょう。また、東京駅からも1.5キロメートルと近い場所にあります。徒歩でも20分程度で着くことが可能になっています。また、電車も日比谷線が走っており秋葉原駅から二駅であり銀座や六本木にも一本でいける場所になっております。また、ここには徒歩でいける駅が多くありその駅から様々な方面へいくことが可能になっています。従って、東京へ通勤する人にとっては非常に楽であり、また地元には多くのお店がありますので、ファミリー層でも単身層でも住みやすい街といえます。

人形町のマンション購入の傾向について

このエリアは昔からの街並みでもありますが、おしゃれなお店も非常に多く女性にも人気の街ともいえます。従ってそれに合わせてセキュリティレベルの高い住宅が多く存在しております。オートロックシステムや監視カメラを積極的に使っている住宅が多いでしょう。さらに、このエリアは通常のファミリー層はもちろんこの周辺がオフィス街ということもあり単身層が住めるマンションも多く存在しております。従って物件の種類を探すには困らないエリアといえるでしょう。また、もう一つの傾向としてこのエリアには新築の物件はほとんど存在しません。大きな土地の確保が出来にくくなっているのがその理由の一つになります。従って住むのであればほぼ中古の物件が中心になるでしょう。古い建物もありますので値段も幅広くあるのも特徴です。

人形町のマンションの相場について

先ほど新築が建てにくいという話をしましたが、つい最近150戸程度の建物ができました。坪400万以上でしたので2LDKでも7000万円近い値段がしていました。3LDKであれば1億円近い数字になってきます。サラリーマンだとなかなか購入が難しいといえるでしょう。中古の物件も築10年以内の物件であれば坪300万円以上が基本になっています。従って2LDKでも5000万円近い値段がかかってきます。また、1990年以前の建物でも坪250万円程度しますのでなかなか古い建物でも値段が下がらないといえるでしょう。しかしながら、これはマンションを購入しても将来値段が下がらないということでもあります。賃貸需要も非常に多い場所ですので、その前提で購入を考えるのも一つの手になります。