給排水管のトラブルでは、マンションなどの集合住宅の給排水設備に用いられる配管材はその種類が多く、配管方式の用途・部位・環境によって使い分けられています。それらの使用管種やその品質・施工方法の変遷もあり、様々な管種が使用されています。これらの配管も他の設備と同等に使用していく上での老朽化は避けられません。それらの発生状態や原因も様々で複合化しているケースも多く、それらの配管の老朽化減少やその原因などを的確に把握してその対策を講じる必要があります。老朽化が比較的軽度の配管の改修を考えた場合配管を取り替えずに現状の配管のままで給排水管をリニューアルすることが可能です。その代表的なものとして|ライニングと呼ばれているものがあります。この排水管更生では錆こぶや水アカ、スライムなどの汚れを取り除き管内面に気流ボールを使って防錆用樹脂のライニング塗膜を形成して給排水管の延命を図り、これにより居住者の負担を極力軽くした上で排水のつまりや腐食による漏水などの干渉を比較的安価に施工できるため所有者にとっては救済的な方法といえます。

マンションで水周り修理と言えば排水管更生

一戸建てとは違いマンションの住人にとって厄介なのが設備などの修繕の問題です。その中でも水周りに関しての劣化で困るのが排水管の修理でしょう。築年数が20年、30年となれば水道管にサビが発生し、蛇口から赤茶色の水が出てきます。とくに毎日常に水を使う生活ですから何日も水道が止まるなんてことは避けたいことです。そんな時に排水管を取り替えることなく特殊なクリーニングによって元のように蘇らせる排水管更生方法が最適です。多くの住人にも数時間の水道停止のみで理解してもらえることや予算も取替え工事より格安の半分ほどでできることが魅力です。負担額も少なく済み、不便な時間も短くできることがメリットとなります。このようにマンションでは定期的なクリーニングや検針で酷くなる前に修繕することが大切です。悪臭がしてきたりサビが大量になってくると新規での取替えが必要となります。

排水管更生の重要性について

排水管というのは普段生活していて最も目が行き届きにくい場所です。家の中に居る分には排水管は見えませんし、どの程度老朽化しているか素人には大変分かりにくいです。しかし排水管には寿命があり、一般的には20年から30年と言われています。排水管が老朽化してしまうと様々な弊害が起こります。水は生活に欠かせないものですからその水の供給が上手くいかなくなる可能性が十分に考えられます。排水管更生を考えた時には、まず専門業者に依頼し排水管の劣化具合を調査してもらいます。そして排水管更生が必要だと判断が下されれば作業日には排水をストップしなるべく家に居るように心がけます。工事自体は住宅の規模によりますが1日程度なのであまり期間はかかりません。排水管更生で管を綺麗にすれば再び漏水の心配がなく安心して暮らすことが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)