人形町のマンション購入を検討する人が増えています

東京都中央区にある人形町は、東京駅から東側の1.5キロメートル程度のところにあります。徒歩でも20分ぐらいで着くことが可能です。電車でも秋葉原までは二駅、銀座駅や六本木などにも出やすい場所にあります。東京方面で通勤している人にとってはどこへいっても行きやすい場所といえるでしょう。また、人形町そのものも商店街が非常に発展しており古くからあるお店もたくさんある場所になっています。今では商店街は閉まっているお店が多いのですが、この街ではそれがしっかり残っている形になります。また、オフィス街でもあり昼食時にはサラリーマンの方が多くランチに出てきております。このように、街をとっても交通の便をとっても非常に便利な街ですので、このエリアにマンションが欲しい方は多くいるでしょう。

このエリアの住宅の相場について

さて、最初に述べたように、このエリアは交通の便もよく商店街も発展しております。従って、このエリアの住宅の相場は非常に高いものがあります。まず、このエリアには新築のマンションは出来にくい状況です。理由としては、それだけの土地が確保できないのが理由として上げられます。従って供給のほうはあまり期待できない状況ではあります。ただ、それでもつい最近150戸程度の建物ができました。その値段が坪400万円程度のものでした。2LDKで7000万円程度になります。3LDKだと1億円近い値段がしますので、なかなかサラリーマンが購入するのは難しい値段かもしれません。そこで、中古市場を見渡してみると、築10年以内の物件であれば坪300万円程度になります。2LDKであれば5000万円程度になります。

需要が多い人形町エリアの住宅状況

このように、このエリアの住宅状況は供給が少なく需要が多いため、中古でもそれなりの値段がします。また、1990年以前の建物であっても坪250万円程度することもあります。それだけ購入希望者が多いことを指している事実でしょう。ただ、当然のことながらこの周辺のマンションは高いのですが、買ってから値段が下がらないというメリットがあります。従って将来売却を前提に購入を考えるというのも一つの考え方になります。また、このエリアは購入だけではなく賃貸の需要も非常に多い地域になります。この人形町自体がオフィス街でもあるので、職場に近いことは大きなメリットといえるでしょう。従って、仕事しているうちは自分で使って将来の定年後は賃貸として貸し出すという考え方もあります。